安全なオフィスを作るなら

オフィスのウイルス対策の情報はここから!

抗ウイルスコーティングの仕組み

抗ウイルスコーティングの仕組み 新型コロナウイルスの蔓延で今まで以上にウイルスに対しての関心が高まっており、安全にオフィスで仕事をするためのサービスとして抗ウイルスコーティングというものが登場しています。抗ウイルスというものの仕組みにはいくつかの種類によって異なってきますが、注目されているのは酸化チタンを使った方法でこの場合には光触媒という形で表面の抗菌力を持たせることができるというものです。光触媒ですから光があたる必要がありますが、化学反応が起こりウイルスや菌に対し酸化と分解作用が起こり、残存期間を短くすることができます。また古くから使われているのがAg銀と呼ばれるもので表面に通されることによって除菌殺菌の効果が得られるものです。
オフィスを丸ごと抗ウイルスコーティングする仕組みとしては、これら抗ウイルス性の作用のある物質をエアゾール状にして吹き付けるということで、それらはかかったものに膜を作るというものになります。非常に細かいエアゾールで塗布されるため、電子機器などに対しての影響もなく全体を効率よく施工できるものです。

抗ウイルスコーティングをオフィスに使用する効果

抗ウイルスコーティングをオフィスに使用する効果 昨今の事情もあり、菌やウイルスへの感染に対する不安や関心が高まっています。そういう事情もあり抗菌・抗ウイルスサービスを利用する企業が増えています。
どのようなサービスかというと、抗ウイルス剤を使って施工することでアルコール除菌や次亜塩素酸除菌だけでは不活性化しきれない菌やウイルスをも不活性化し、安全な環境を作り出す効果があります。オフィス内は様々な人が出入りする場所なのでウイルスへの接触感染の可能性が非常に高い場所になります。そのような場所に抗ウイルスコーティングを行うことで感染を引き起こさせない環境を整えることができるサービスです。
施工方法は薬剤を施工箇所に噴霧して密着させていきます。壁や天井、ドア、ドアノブ、机、といったあらゆる物に施工できるためオフィス内の全ての物にコーティング処理を行うことができるのが特徴です。
少しでも感染症に対して不安があるのであれば、このようなサービスを利用して安心・安全を確保するのがいいのではないでしょうか。

Copyright © 2020 安全なオフィスを作るなら All Rights Reserved.
s