安全なオフィスを作るなら

オフィスのウイルス対策の情報はここから!

抗ウイルス仕様にする

抗ウイルス仕様にする オフィスでウイルスを原因とした感染症を警戒するならば、対策をしっかりとやっておかなければいけません。もしウイルスが付着した手でプリンターやパソコンなどのOA機器、そして書類棚やテーブルといったOA家具を触ると、新たな感染者が生まれます。
そんなことになれば、業務はできなくなり倒産する可能性があります。もちろんウイルスが付着しそうなところを、こまめに殺菌・除菌するだけでも効果的な対策になりますが、抗ウイルス仕様にすることで接触感染のリスクはさらに減らせます。
抗ウイルス仕様は、表面にウイルスを不活性化、変質、分解することで感染力を抑えるものです。人の手で殺菌・除菌をするだけでは、完全に綺麗にできない部分もありますが、抗ウイルス仕様にしておけばそういうところも自然に対応できます。それに、抗ウイルス仕様のOA機器やOA家具が多ければ、時間が経過してからウイルスが空気中に舞い上がって口から感染する可能性も減らせます。これによりオフィスで感染者の増加は抑えられます。

オフィスでは器物類の接触での感染は抗ウイルス対策がポイント

オフィスでは器物類の接触での感染は抗ウイルス対策がポイント 新型コロナウイルスが猛威を振るっておりますが、ウイルスは飛沫感染するのと同時に接触感染もするのではないかとも言われております。例えばウイルスが付着した物を触るだけで手に付き、それを口元などを触る事で摂取してしまい、それが体内でウイルスの増加をもたらし、感染になります。
多くのオフィスでは人を集めなければ仕事にならない事情もあり、クラスターの発生を防ぐ上でも抗ウイルス対策を徹底させる取り組みが始まっています。例えば抗ウイルスに効果があるとされる空気清浄機の導入を始め、ビニールシートなどによる仕切りを設けたり、定期的な除菌を行うなどしている場合が多いです。
オフィスでは接触感染で防げる対策を慎重に検討し、実行することが働く人のための安心の空間でも必要になっています。もちろん抗ウイルス対策は必ずしも絶対視をしてはいけませんが、もし仮にウイルスが付着していたらと常に考えて行動することはそれだけで感染防止にも貢献するのは間違いないです。

Copyright © 2020 安全なオフィスを作るなら All Rights Reserved.
s