安全なオフィスを作るなら

オフィスのウイルス対策の情報はここから!

オフィスのボタンにできる抗ウイルス対策

オフィスのボタンにできる抗ウイルス対策 オフィスにはエレベーターや出入口のオートロックなど、ボタンを押す機会がたくさんあります。
とくに不特定多数の人が押すものは、それだけ感染リスクが出てきます。
抗ウイルス対策としてまずは、建物の入るときに手指を消毒してもらうことです。
消毒のあとならウイルスが手に付いて、他の人に感染するリスクを抑えられます。
不特定多数の人が頻繁に出入しているオフィスには、簡単な抗ウイルス対策になります。
出入する人に消毒をしてもらったら、ボタンなどの多くの人が触れる場所は、頻繁に消毒液で拭くことです。
清掃業者に日常清掃を依頼していたり、普段はしない頻繁に拭くという業務が増えるの負担なこともあります。
しかしできるだけ拭き取りをすることで、ウイルスが付いたものを社員などが触れるリスクを抑えらます。
自分の手指では押さずに、ボールペンなどの他のもので押すのも対策になります。
直面触れないことで、ウイルスご手指に付くことを防げます。

オフィスに抗ウイルス用空気清浄機を導入する

オフィスに抗ウイルス用空気清浄機を導入する 大人数が働くオフィス環境が劣悪だと、ウイルスなどの伝染病が蔓延し従業員の健康を著しく損ない生産性が低下します。
このため抗ウイルスの準備が必要となりますが、様々な方法がある中で有効なのが空気清浄機の導入です。
空気清浄機は様々な型式のものが販売していますので、オフィスや従業員の人数によって選定する必要があります。
ここでは清浄機の選定にあたり、重要なポイントを幾つか紹介します。
まずはフロアの容積とそこで働いている人数を調査して下さい。
これによりおおよその清浄機のスペックが決まります。
次に、どのような機能のある清浄機を選ぶかを決めます。
抗ウイルス用は当然のことですが、ウイルスにも様々な種類がありますので用途に応じて選定して下さい。
空調設備の更新も検討しているならば、冷暖房機能付の清浄機を導入する事を推奨します。
更に導入後のランニングコストも考慮して機種を選ぶことが大切です。
購入費が安くてもランニングコストが高ければ、損するからです。

Copyright © 2020 安全なオフィスを作るなら All Rights Reserved.