安全なオフィスを作るなら

オフィスのウイルス対策の情報はここから!

オフィスの電話にこそ抗ウイルス対策が必要

オフィスの電話にこそ抗ウイルス対策が必要 新型コロナウイルスなどの感染症は、飛沫感染と接触感染の二つが感染の原因と考えられています。
感染者のくしゃみやせき、つばなどの飛沫と一緒にウィルスが放出されて、ほかの人が吸い込んでしまう。
または感染者がくしゃみのときに口を押えた手に飛沫がつき、その手でものを触ってしまうと、ものにもウィルスがついてしまい、他の人がそれを触ると感染してしまうというもの。
そう考えると、オフィスの電話は受話器に飛沫をつけないで話すほうが難しいですし、またそれをほかの人も使うこともあるでしょうから、まさに感染を広げる危険な物体ということになります。
予防法としては、しっかり手を洗い、ウイルスが手を経由して口や目から体に入らないようにすることが大事といわれていますし、ほとんどの人が心がけています。
できればオフィスの電話はできる複数でつかわないようにすることが望ましいですし、使うたびに除菌シートで拭くなどして抗ウイルス対策をする必要があります。
また最近では抗ウィルスシートなど机や物にしいておくと、空中に浮かんでる菌がそのシートに付着してまわりに広げないようにする作用のものもでてきました。
職場での抗ウイルス対策は今後の大きな課題となりそうです。

オフィスで抗ウイルス対応に役立つ機械はこれ!

オフィスで抗ウイルス対応に役立つ機械はこれ! オフィス内はどうしても、様々な人と触れ、様々なものと接触しやすい場所です。
だからこそ、抗ウイルス対策はとても大切になってきています。
しかし、目に見えないウイルスを相手にするのは大変です。
そこで、抗ウイルス対策におすすめなのが、高い殺菌能力を持っている次亜塩素酸です。
ウイルスは構造的にタンパク質の殻を持っています。
次亜塩素酸はそのタンパク質を変形させることができるのです。
そのため、ほぼ全てのウイルスをやっつける事ができる力を持っているのです。
これからの生活に欠かせない頼もしい存在です。
そんな次亜塩素酸は、スプレーや液体として空気中に噴霧したり拭き掃除に使用したりできます。
薄めて指先の消毒にも使えます。
次亜塩素酸はスプレーなどの既製品も売られていますが、水道水や簡単な材料で手軽に作れる機械もあります。
毎日抗ウイルス対策を行うことが大切なオフィスでは、機械から作成する方がコストパフォーマンス的にもおすすめです。
気持ちよく過ごせる環境だと、仕事もはかどりそうですよね。

Copyright © 2020 安全なオフィスを作るなら All Rights Reserved.